【アメリカの祝日】4月 Easter(イースター)

04.01.2023 | カテゴリー, LAお役立ち情報, スタッフ日記

【アメリカの祝日】4月 Easter(イースター)

4月9日はイースターです。

イースターとは?

「復活祭」のこと。十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、3日後に復活したことを祝うお祭りで、キリスト教においてはクリスマスと同じくらい重要なイベントです。

イースターは日にちが定まっているものではなく「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と決められています。そのため、毎年日にちが変わります。今年(2023年)は4月9日の日曜日です。

また、イースターの前の金曜日をグッドフライデー(聖金曜日)です。アメリカで「グッドフライデー」は国の祝日ではありませんが、いくつかの州はこの日を祝日と定めています。ちなみにカリフォルニア州では祝日ではありません。

 

イースターは何をする?

「エッグハント」

イースターのシンボルである卵を使ったゲームで有名な「エッグハント」。イースターエッグを庭や公園に隠し、それを探すゲームです。本物の卵ではなく、プラスチックのタマゴのケースの中にお菓子などを入れておくことが多いです。

 「イースターエッグ作り」

ゆで卵を食紅などでカラフルにペイントしたり装飾をします。製作キットも販売されているので初めてでも簡単に作ることができると思います。お子様と一緒に作るのも楽しいですよ。作ったイースターエッグは部屋に飾ったり、エッグハントで使用したりします。

「イースターバニー」

卵と同様にイースターの重要なモチーフである「うさぎ」。なぜうさぎかというと、うさぎは一度にたくさんの子どもを産み、さらに1年に何度も妊娠と出産を繰り返すことができる動物であることから、子孫繁栄の象徴とされています。

イースターで登場するうさぎは「イースターバニー」と呼ばれ、イースターバニーたちがイースターエッグやお菓子を運んできてくれるそうです。エッグハントの遊びは「イースターバニーが隠していったイースターエッグを探す」ということに由来しています。

ちなみに、トーランス学区は4月3日~4月7日は春休みです。道路の交通事情がいつもと変わるかもしれませんが、いつも通り安全運転を心がけましょう!

【アメリカの祝日】4月 Easter(イースター)の紹介でした★

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 1人がこの投稿は役に立ったと言っています。