Uberについて

02.27.2018 | カテゴリー, LAお役立ち情報

日本ではまだあまり広まっていないUberですが、アメリカでの生活には欠かせないアプリとなっています。そして、ロサンゼルスでは日本と違い走っているタクシーを手を上げて止めるということがほとんどありません。

タクシーを利用するときは、ホテルや空港、駅では、TAXI ZONEという標識のところでタクシーに乗り、それ以外の地域では基本的には電話で呼ぶ必要があります。

そんな時にお勧めなのがUberです。

スマートフォンでアプリをダウンロードすれば近くにいるウーバー(車)をすぐに手配できます。GPSでどのルートを使ってくるのかまで、地図上で確認でき、なおかつ支払いは登録時のクレジットカードで決済なので、現金で支払う必要がありません。車によってはタクシーよりも値段が安くお得です。場所や時間帯によっても変わりますが三分の一程度の金額で利用できます。

 

*注意点*

混雑が予測されるような日や時間帯は値段が上がることがあります。ただしその場合はアプリ画面で呼ぶ前にいくらのサービス料がかかるか表示され、同意を求められますのでご安心を。

また、混雑するときはUber Poolという相乗りの制度もありますので時間があるときは少し遠回りされるかもしれませんが、Poolを利用するのがいいかもしれません。

 

Uberの車種の違いです。

Uber Pool    相乗り

Uber X         小さめの車で4人まで貸切

XL                 大きめな車

Plus               高級車(BMW.ベンツなど...。)

Black.            日本人が想像するハイヤー・タクシー

SUV               最大6人まで

LUX               アウディーなど革シート仕様)

このような違いがあります。

種類によって料金が変わりますのでご確認ください。

 

来たばかりで車がない、車を買うまでの間利用するなど用途によって使われると便利です。

 

エコドライブ  滝口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です