道路交通に関するルール

02.24.2018 | カテゴリー, LAお役立ち情報

アメリカの道路は日本とは逆で右側通行となっています。

これは皆さんご存知の方も多いと思いますが、それ以外にも運転をする際や、歩行時にも気をつけておきたい法律があります。

①車は赤信号での右折ok!

ロサンゼルスでは、赤信号でも車の右折がokとなります。ただし右折禁止サインがない、自分の車が右車線にいる、周りの安全を確かめる、この3つの条件をきちんと確認することが前提です。右折のウインカーを出しながらあまり長い時間待っていると後ろからクラクションを鳴らされることもあります。

日本と比べ、かなり気の短い方が多い気がします。

②車の速度制限について

一般道路は35〜45マイル(時速56〜72km)、フリーウェイは時速65マイル(105km)が基本となります。

速度制限の標識は道路沿いに表示されていますが、中には標識がない通りもありますのでスピードの出し過ぎは気を付けてください。フリーウェイでは、制限速度を超えるスピードで走る車がほとんどですが、常に周りの障害にならないよう安全且つスムーズな運転を心がけてください。

日本と違い極端に遅く走る車も交通違反のチケットの対象となりますので注意してください。周りの運転速度に合わせて走ることがようでしょう。

③道路上の”keep Clear”と”Yield”について

信号機手前の道路に“Keep Clear”という大きな文字を目にすることがあります。これは、他の車やトラックなど入る場所なので道を塞ぐな!!!という意味です。

このエリアで止まっていると、クラクションを鳴らされてしまうことありますので注意しましょう。

また、”Yield”の標識は、他の交通が優先という意味です。

他の交通がないことを必ず確認しましょう

④ジェイウォーキングは違反の対象

ジェイウォーキングとは道路横断歩行違反の意味です。つまり、横断歩道以外の場所では渡ってはいけないという事です。こちらは罰金が$200以上となっています。横断歩道のない小さい道路は左右に十分注意を払い渡ってください。

ただ、横断歩道のある大きい道路ですと、次の横断歩道まで歩くのに100メートルくらい離れている場合もあるのでかなりの距離を歩くことになることも多いでしょう。よいエクササイズと思い頑張って歩きましょう!

ちなみに、エコドライブ の前の228th st は交通量の多い道路となっています。道路を渡る際は十分に左右に注意して渡ってください。

エコドライブ 滝口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です