チップはいくら必要!?

02.21.2018 | カテゴリー, LAお役立ち情報

日本ではないチップシステム。

海外へ旅行の時、出張の時など、日本では払う機会がないのでついつい忘れがちになってします。

チップの支払いは強制ではないのですが、払うのが常識となっています。

サービスを受けても見知らぬ顔でその場を去ると「常識がない人だ」と日本人の評価を落としてしまいかねません。

そうならないためにも、チップの関することをお話ししていきます。

 

●チップが必要な場所

ホテル・レストラン・バー・タクシー・洗車場・バレーパーキング・美容関係サロン   etc...

 

●チップの相場

ホテル

ベルボーイ:カバン1つにつき$1〜$5

ドアマン:タクシーをつかまえてもらったら$1〜$2

ルームクリーニング:一夜につき$1から$3   人数によって変動

枕元に置いておきましょう

ホテルのルームサービス:運んできてくれたスタッフに$1〜$2

バー

バーやナイトクラブでは飲み物をオーダーするたびに一杯につき$1支払いしましょう

レストラン

食事代の15〜20%

*アメリカのレストランではテーブル会計がほとんどです。ウェイターに伝票をもらい(check pleasse)、テーブルにて現金・カードを入れて支払いましょう。

①現金で支払いお釣りがいらない場合、食事代・チップ代を含めた金額をテーブルの上に置いてthank youと言ってお店を出れば大丈夫です。

②現金で支払いお釣りが必要な場合、    Change please  と言いお釣りをもらいテーブルの上にチップを残しお店を出れば大丈夫です。

③クレジットカードで支払い場合、カードのレシートにtipの金額を記入する欄があります。tip・total・サインを記載しテーブルに置いてお店を出れば大丈夫です。

④カードで支払いtipを現金で置く場合、カードのレシートのtip欄にcashと書き現金をレシートと一緒にテーブルに置いてお店を出れば大丈夫です。

⑤チップがすでに含まれている場合もあります。レストランによってはtip included と記載されてあり、15〜20%のチップが含まれていることもありますのでお気をつけ下さい。この場合はそのままの金額を支払いましょう。

タクシー

運賃の15〜20%

洗車場      $1〜$2

バレーパーキング

駐車の時は車を預けるだけで、出庫の際に$1〜$2払いましょう

 

美容関係サロン

15〜20%

 

<まとめ>

基本的には代金の15%、その他の小さなサービスは$1以上と考えておくとシンプルです。

上記記載した金額、パーセンテージはあくまで目安となっております。良いサービスを受けた際おおく支払うとよりよいサービスが待っているかもしれません。

上記のサービス以外でも良いサービスを受けた際、助けてもらった時にはTipを渡すと良いでしょう。

 

ご参考までになさってください。

 

エコドライブ 滝口

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です