デビットカードとクレジットカード

02.17.2018 | カテゴリー, LAお役立ち情報

デビットカードとクレジットカードの違いについて

 

カード社会のアメリカでは、現金を持ち歩かないという方がとても多いです。

食料品の買い物から、衣料品、ガソリンスタンド、コーヒーの1杯でさえカードで支払うことができます。

そこで、デビットカードとクレジットカードについてお話ししていきます。

2つのカードの違い

①支払い方法

デビットカード    →即時払いの現金の支払いに近い   主に銀行より発行

クレジットカード→後払いの借金に近い  クレジット会社より発行

②カードの審査

デビットカード     →銀行のアカウントを開き審査なしで持つこと可能 学生でも可能

クレジットカード →クレジット会社による審査  ソーシャルせキュリテー必要

③メリット

デビットカード    →年会費がかからないものが多い

その場で銀行から引き落としされるので使いすぎる心配がない

クレジットカード→  ポイントがつく

クレジットヒストリーがつく

*アメリカではこのクレジットヒストリーがとても重要となってきます。

ローンを組む際、必ずと言ってクレジットヒストリーを調べられます。

ヒストリーが良ければローンの金利がよいもしくは金利ゼロになり、悪ければローンの金利が高いもしくは組めないこともあります。

 

それぞれの方にあったものをお使いいただければと思います。

アメリカでは18歳以上の方であればデビットカードを持つことができるそうです。

13歳から17歳の方は家族と一緒の口座での引き落としを設定することで、デビットカードを持つことができるそうです。

まずは1枚デビットカードからお持ちになることをお勧めいたします。

 

 

エコドライブ  ではクレジットカード・デビットカード・チェック全て対応しております。

なお、日本のクレジットカードもご利用いただけますのでご利用ください。

 

エコドライブ   滝口

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です