リースカーとレンタカーの違い

05.04.2018 | カテゴリー, LAお役立ち情報

皆さまこんにちは。

車のリース!?レンタカーは広く知られていますが、車のリースは聞いたことはあるけど詳しくは知らないという方々も多いかと思います。そこで今回はリース車両とレンタカーの違いについてお話しさせて頂きます。

 

まずはよく知られているレンタカーについて。

普段は自動車を持っていないけれどこの日だけ自動車を使いたい、旅行先で自動車を使いたい、などの場合に数時間~数日単位で借りることのできる自動車をレンタカーといいます。
レンタカーの車検証上の所有者は、レンタカー会社です。使用者もレンタカー会社で、利用者は契約時間内で車を利用することができます。
レンタカー会社が保有している自動車の中から好みや使用目的にあった自動車を選んで借りることになるため、業者によっては自分の希望する車種がない場合もあります。
塗装を変えたりパーツをつけることはできません。
自動車保険はレンタカー会社によって変わりますが、加入は必須となっております。ご自身でお持ちの自動車保険をご利用いただける場合もありますのでレンタカー会社にお問い合わせください。

 

 

一般的なカーリースについて。

長期出張で数年間だけ自動車を使うことになった、自動車を購入する資金はないけれど続けて自動車を使わないといけない、などの場合に数年単位で契約者だけに貸し出す自動車をリース車といいます。アメリカでは36ヶ月といった新車リースがメインとなっております。基本的に途中解約できず、解約の際は残りのリース料支払わないとなりません。そしてリース満期からの延長ができません。
リース車の車検証上の所有者はリース会社で、使用者は契約者本人になります。
基本的に新車を購入して貸し出すため自分の希望する車種や色を選ぶことができます。
所有者はリース会社のため契約者は車検や定期検査を行う必要はありません。
アメリカでのリースのメンテナンス料金は基本的にはご本人負担となっております。会社によって異なりますのでご確認ください。

自動車保険は、フルカバーの保険での加入が一般的となっております。

一般的なカーリースとレンタカーの違い

レンタカーとカーリースは自動車を借りるサービスですが、レンタカーは数時間~数日、数週間の期間で借りるのに対し、リース車は数ヶ月~数年の長期間契約して借ります。アメリカでは36ヶ月・48ヶ月などがよく使われるようです
短期出張の場合はビジネスホテルに宿泊する、長期出張の場合はマンスリーマンションを借りる、と置き換えるとイメージしやすいと思います。

どちらもガソリン代は利用者が負担し、車検や保険の費用は利用料金に含まれています。

自動車保険はどちらも必須加入です。保証内容もフルカバーにてとなることでしょう。

レンタカーの契約手続きはすぐに終わる業者もありますが、リース車の場合は手続きに時間がかかる傾向があります。
契約期間の途中で解約したくなった場合、レンタカーは契約違約金を支払えば残り期間の料金が返還されますが、リース車は基本的に途中解約ができません。(利用する業者により異なります。)

レンタカーは免許証をお持ちのかたであればご利用いただけます。

一方リースをご契約の場合、スーシャルセキュリティーが必須となり、クレジットスコアーを確認されます。そしてクレジットスコアーがよくないとリース料が上がる傾向です。一定基準より低い場合リース自体ができないこともあります。

そんな、レンタカーの気軽さとリースの良い部分を合わせ持った当社の中古車リース

 

・お客様のご希望の期間によってご利用いただけます。

・ソーシャルセキュリティー・クレジットヒストリーなしでもご利用いただけます。

・プリウスなのでガソリン代のセーブできます。

・メンテナンス込み

・手続きが簡単です。

まずはお問い合わせください。

お客様にあったプランを提案をさせていただきます。

中古プリウスリース「エコ乗りプラン」

 

 

エコ乗りカスタマサポート  滝口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です