GAP保険について

03.01.2022 | カテゴリー, エコ乗りプラン

エコ乗りプランのGAP保険についてご紹介します。

GAP保険とは、全損事故の際のリース残債と保険会社からの補償額の差(GAP)と免責をカバーするための保険です。

 

リース料には車両本体額以外にメンテナンス代やDMV手続き費用、故障修理代、自動車税に加え分割手数料や消費税など

が含まれているため、全損事故になった場合に保険会社から補償される費用(マーケットバリュー)では賄えない場合があ
ります。

 

リース中のお車が全損事故を起こしてしまったと仮定します。リース負債額は$8000、保険でカバーされるのは$6000までだったとします。お客様は差額の$2000+免責$500の合計$2500を負担しなければなりません。

GAP保険はこのお客様ご負担分の$2500を補償するので、GAP保険加入者の負担は$0になります。


※金額は一例です。

 

また、全損事故等でお借り頂いていた車両が廃車になった場合、通常のGAP保険に加え新たにリース契約をする車両の初期費用をカバーするGAP PLUS保険もご用意しております。またタイヤ・ホイール & ウィンドウ プロテクションプランもおすすめです。

詳しくはお問い合わせください。エコ乗りプラン

 

■保険料

  • GAP保険  $295
  • GAP保険+GAP PLUS  $395

※一回のみのお支払い、リース開始時にお支払い頂きます。

※GAP保険契約後、60日以内の解約であれば全額返金となります。60日以降は返金出来かねます。