アメリカでダッシュカム(ドライブレコーダー)取り付けのススメ

01.30.2024 | カテゴリー, LAお役立ち情報, メンテナンス・修理部門, カスタマーサービス部門

当店のお客様が事故に遭われました。

 

ブレーキが効かなくなり側道を走ってきたトラックが、突然死角から突っ込んできました💦

ドライブレコーダーを付けていたため、決定的な事故の瞬間も録画されています。

 

▼フロントカメラ

 

▼リアカメラ(ご要望で音声は消してありますが、ぶつかったときの衝突音はかなり激しいものでした。)

 

 

 

側面が大きく凹んでしまっています😱。

 

 

アメリカでは、予想もできないようなこんな事故があります。

 

ドライブレコーダーは、事故やトラブルなど、万が一の時に目撃者となってくれる強い味方。アメリカに移住したばかりで英語に不安がある場合でも、映像記録が全てを証明してくれます。事故時の保険の支払いに事実証明を求められることもあり訴訟も多いここアメリカでは、自分の身を守るためにも設置をおすすめいたします

 

➡ アメリカだからこそドライブレコーダー

 

 

 

また、日本とは異なり、アメリカでは助手席にカーシートは違法であり、危険です。今一度、下記のブログをご参照の上、チャイルドシートの取付位置をご確認ください。

 

➡ カリフォルニア州のチャイルドシート ~取り付ける席~

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 5人がこの投稿は役に立ったと言っています。