カリフォルニア州のチャイルドシート ~規制と種類~

11.21.2019 | カテゴリー, LAお役立ち情報, カスタマーサービス部門

こんにちは、エコドライブです!

今回は、カリフォルニア州のチャイルドシート(カーシート)規制と種類についてご説明いたします。

ブログ:カリフォルニア州のチャイルドシート ~取り付け方~

お子様連れでカリフォルニアにお引越しされる予定の方/お引越しされた方や、これから出産予定の方もいらっしゃるかと思います。

アメリカでは、日本よりもチャイルドシートの使用規定が、厳しく決められています。

違反すると高額な罰金があり、厳しく取り締まられています。

また、出産して退院する際、カーシートがきちんと取り付けられていないと、赤ちゃんを連れて帰ることができません。

とはいえ、、、「種類が多くて、どのチャイルドシートを選んだら良いか分からないわ!!」という方のお役に立てたら嬉しいです!

 

 

◆チャイルドシート規制

カリフォルニア州では 子供が8歳または、4.9フィート(約145cm)以上の背丈になるまでは、後部座席にカーシートやブースターを設置して乗せなければならない規則になっています。

さらに、2歳以下の子供の場合は、40パウンド(約18.2kg)もしくは40インチの背丈になるまでは、後ろ向きでのカーシート設置が義務付けられています。

(2019年11月現在)

※詳しくは、California Highway Patrol のページを参照してください。

 

 

◆チャイルドシートの種類

・Infant(新生児、乳幼児用ベビーシート)

後ろ向きに座らせるタイプで、新生児から、体重が22~35 lbs(10~15 kg)まで、または身長が29~33″(74~84 cm)になるまで使えます。

※製品ごとに制限体重と身長がちがうので確認してくださいね。

 

・Convertible(幼児用チャイルドシート)

新生児から幼児まで使えるタイプ。新生児から乳幼児の期間は、後ろ向きで座らせ、それ以降は前向きで座らせるタイプです。

 

 

・Booster(学童用チャイルドシート)

Convertibleタイプのカーシートが小さくなった後に使います。

 

 

 

◆チャイルドシート使用規定と年齢

・新生児・乳児用チャイルドシート

  • 後部座席に設置します。
  • 後ろ向きに設置します。
  • 2歳(または1歳)まで後ろ向きに座らせます。
  • またはカーシートの制限体重か身長になるまで使います。

 

・幼児・未就学児のチャイルドシート

  • 後ろ向きのカーシートの制限体重か身長をこえたら前向きに設置します。
  • チャイルドシートのハーネスをつかって赤ちゃんを固定します(車のシートベルトは使用できません)。
  • チャイルドシートの制限体重か身長になるまで使います。

 

・小学生のチャイルドシート

  • 幼児用のチャイルドシートの制限体重か身長をこえたらBoosterを使います。
  • 車のシートベルトを使います。
  • 身長が約145センチを超えるぐらいまで使用します。
  • 目安は8歳から12歳です。

 

いかがでしょうか?

年齢や身長・体重に合わせてチャイルドシートを選ぶのは、大変ですが万が一の時にお子様を守る大切なものです!

適切なチャイルドシートを選ぶようにしましょう。

 

これは私の経験からなのですが、インファントシートは重量が軽めのものを選ぶと良いと思います。(車から取り外してストローラーにドッキングできるのですが、赤ちゃんが重くなってくると、これがなかなかのハードワークになります。)

また、Highway Patrol のフィッティングルームでチャイルドシートの取り付けを見てもらったときに、「車用ベビーミラーの取り付けはおススメしない」とアドバイスをもらいました。よそ見運転の確立が高くなることと、もし事故にあったときに赤ちゃんを傷つける可能性があるから、とのことです。

 

それでは、次回はチャイルドシートの取り付け方についてご紹介したいと思います!

 

エコドライブ 美穂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です