アメリカで日本のクレジットカードを使いたい!支払い方法は?手数料はいくら?

02.14.2020 | カテゴリー, LAお役立ち情報, スタッフ日記, カスタマーサービス部門

こんにちは、エコドライブです。

 

今回は、日本のクレジットカードをアメリカで使った時の支払い方法と手数料のお話です。

 

1.支払い方法について

日本ではクレジットカードの支払いは、一括払い、分割払いやリボ払いなどいろいろな方法を選ぶことができます。

実はアメリカではクレジットカードの支払い回数や支払い方法を聞かれることはありません。

レシートや端末等にサインをするか、4桁の暗証番号を入力するだけで、クレジットカード払いが完了します。

それでは、アメリカでクレジットカードを利用したら、日本の口座からの支払はどのような方法になっているのでしょう?

その答えは、、、

日本で発行されたクレジットカードに関しては、海外利用時にどのような支払い方法になるかというのが、初期設定されています。

多くが一括払いしか使えないカードになりますが、クレジットカードによっては『海外利用はすべてリボ払い』と設定されているものもあるのでご注意ください。(事前に確認しておくようにしましょう!)

 

つまり、クレジットカードに設定された支払い方法しか海外では使えないということです。

「リボ払いなんて使いたくない!」という方は、カード会社に電話をして『海外利用時はすべて1回払いにしてほしい!』と設定変更しておけば大丈夫です。

日本国内:支払い方法を選べる

海外:支払い方法は選べない

 

2.手数料と支払い金額の計算方法について

海外でクレジットカードを利用した場合のお金の計算方法は、加盟店が現地通貨建てで地元のカード会社(あるいは提携銀行など)に請求します。

そこから日本のカード会社に請求が上がり、そこで円換算して、カード所有者に請求がくるというシステムになっています。

そのため、請求額は必ずしもカードを使った日の為替レートで換算されるわけではありません。

 

 

まずクレジットカードの手数料を考える際には、「カード会社の為替手数料」「カード会社の為替レート」の2点を意識する必要があります。

「カード会社の為替手数料」

カード会社の事務手数料は、国際ブランドによって決まっており、各為替手数料は下記のようになっています。

国際ブランド 為替手数料

VISA1.63%
MasterCard1.63%
JCB1.60%
AMERICAN EXPRESS2.00%
Diners Club1.30%

この表の為替手数料が、クレジットカードを海外で使用した場合の利用手数料になります。

※現金を両替するときに掛かる手数料と同じ内容のものになります。

 

「カード会社の為替レート」

カード会社の為替レートも国際ブランドが決定しています。

ここの数値は日によって異なりますが、レートの決め方は下記の表のようになっています。

国際ブランド 基準レート

VISAVisaインターナショナルのレート
MasterCardMasterCardインターナショナルのレート
JCBJCB所定のレート
AMERICAN EXPRESS主要な外国為替相場情報からアメリカン・エキスプレスが選択した、銀行間のレート
Diners Club所定金融機関の為替相場

上記の為替手数料を利用して、海外利用時の手数料を計算します。

ただし、為替レートには1点注意すべき点があります。

クレジットカードに採用される為替レートは、商品を購入した日ではなく、決済情報が日本のカード会社に届いた日のものになります。

具体的な日数については、バラバラですが大体2~4日ほどのタイムラグがあります。

そのため、数日後の為替レートによっては、商品を購入した日より得する場合もあれば損する場合もあります。

※数日なので、そこまで大きなずれはありません。

 

 

つまり、実際に支払う金額は、カードのブランドの為替手数料と、為替レートによって算出することができます。

使用した金額 × 為替レート によって日本円を算出し、

日本円 × 海外手数料 が実際に支払う金額となるわけです。

 

渡米してすぐの方は、日本のクレジットを使う機会もあるかと思います。

お持ちのカードが、どんな支払い方法で、手数料は何%なのか?

ぜひご確認いただければと思います!

 

 

エコドライブ 美穂

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 2人がこの投稿は役に立ったと言っています。