TIRES 101 !!

01.18.2018 | カテゴリー, メンテナンス・修理部門

前回タイヤについて少し書きましたが、今回はタイヤのサイズ、種類などタイヤのあれこれ入門編について書いてみたいと思います。

 

タイヤは基本的にサイズが決まっていてタイヤの直径部分は変えて走ってはいけません。これはスピード表示がずれる、タイヤがボディに干渉するのを防ぐためです。

 

この写真の場合は、195/55R16というのがタイヤサイズです。195はタイヤが地面と接する部分が195mm、55はタイヤの横の部分(ちょうどこの表示が書いてある面)の高さが195mmに対しての55%という意味(この場合107mm)Rはラジアルタイヤ。16は16インチホイールに装着可能なタイヤ。という意味です。

87Vの87はどれだけの重さに耐えられるか、Vというのは速度記号で、このタイヤが何キロまで出して走ることに耐えられるように作られているかです。(これに耐えられないと前回のブログで書いたように変形が間に合わなくてバーストします。)

 

LI 負荷能力(Kg)
76 400
77 412
78 425
79 437
80 450
81 462
82 475
83 487
84 500
85 515
86 530
87 545
88 560
89 580
90 600
91 615
LI 負荷能力(Kg)
92 630
93 650
94 670
95 690
96 710
97 730
98 750
99 775
100 800
101 825
102 850
103 875
104 900
105 925
106 950
107 975

 

タイヤ表示
速度記号
L N Q S T H V W Y *ZR (Y)
最高速度
km/h
120 140 160 180 190 210 240 270 300 240km/h超 300km/h超

タイヤには最許容空気圧(max press)がきまっており、↑のように記入してあります。

36、44,51の三種類が一般的で、このタイヤは51psiです。

タイヤの溝には、上野写真のように、溝が一段高くなっているところがあります。これは使用限度地を示すもので、

一段高くなっているところが、溝のないところと同じ高さ(そこだけ溝がなくなって見える)と残り溝は1.6mmでこれ以上はタイヤの性能は確保できないため、交換が必要です。

これはタイヤの残り溝をはかる測定器(ディプスゲージ)がなくてもおおよその残り溝を知る方法です。

この溝が一段高くなっえいるのは、タイヤ一周に数か所あります。

 

実はタイヤの製造年月日も書いてあります。このようなリボン調の中の数字で、2816と書いてありますが、

この場合は28週目の2016年に製造されたという意味です。2016年7月末でしょうか。

アメリカでは、日本では売っていないような低レベルのタイヤから、一流ブランドの良いタイヤまでさまざまあります。

安いタイヤだからと言って早く減ってしまったり、バーストしてしまったらかえって高くつきます。

車種や用途によってもタイヤは選び方があるので、ご検討中の方は当店スタッフまでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です