エコドライブのカスタマイズ

ヘッドライトリフレッシュ (黄ばみ除去・コーティング)


まずよく聞かれる質問を紹介します。

Q、ヘッドライトの黄ばみやくもりの原因は?

ヘッドライトのケアしないでいると、ヘッドライトはどんどん黄ばんできてしまいます。

Q、ヘッドライトはどのような材質でできているの?

昔の自動車や一部の外国車のヘッドライトはガラスで出来ていますが、最近の車の多くはヘッドライトはポリカーボネートという樹脂(プラスチック)で出来ています。

樹脂製になってきたのは、安全性、軽量化、デザイン性に優れているからです。

ガラスは黄ばむことはないので、ガラスで出来ているヘッドライトは黄ばむ心配はないのですが、樹脂は様々な原因で黄ばみやすくなってしまいます。

 

黄ばみのいちばんの原因は紫外線

樹脂は紫外線に当て続けると、表面が劣化して黄ばんできてしまい、さらに細かい傷ができ、その傷に汚れなどが付着してさらに黄ばんできてしまいます。

その状態が続くと、傷の凹凸の中に入った汚れなどが紫外線によって焼き付けられてしまって、黄ばみがひどくなり簡単に落とすことができなくなってしまいます。

また、洗車の時にワックスやコーティング剤を使用すると思いますが、こまめに洗車せずワックスやコーティング剤が残っていると、それも劣化してヘッドライトの黄ばみの原因となります。

ヘッドライトを黄ばんだままにしているとどうなるの?

ヘッドライトが黄ばんだままになっていると様々な悪影響があります。

悪影響1:ヘッドライトを点けた時に十分な光が出ずに暗くなってしまう

ヘッドライトが黄ばんだ状態でライトを点けても、曇りガラスのような状態となっているので見えにくいですよね。
ライトが暗くなってしまえば夜に運転する時に見づらく、事故を起こしてしまう可能性もあります。

悪影響2:見た目が古臭くなってしまう

せっかく普段から洗車をこまめにやってて外装がきれいでもヘッドライトが黄ばんでいると古臭く見えてしまいます。反対に古い車でもヘッドライトが綺麗なら車全体が新しく見えます。

ヘッドライトの黄ばみを除去しコーティングすることで得られるメリット

① 夜間でもヘッドライトが明るくなる

② 見た目が新しくなる

③ 車の価値があがる(売却時の査定額があがる)

※左の写真が施工前、右の写真が’施工後

施工時間 1~2時間

施工費用 $100

一覧へ戻る